大人の世界のしがらみは色々と難しいなと同情・・・

パーマ大佐の替え歌「森のくまさん」がとっても話題になっています。
「森のくまさん」のもともとの訳詩をした人が、パーマ大佐の替え歌が自分の訳詩の世界観に合わないということで、CDの差し止めと慰謝料の請求をしたと言うのです。
現在パーマ大佐はR−1グランプリの予選で目下奮闘中とのことですが、自分のネタが騒動になっていることに大変ご傷心というニュースを見ました。
私は、噂の歌ネタを見た時に抱腹絶倒、大笑いをしたのですが、笑いのセンスと言うのもなかなか難しいものだと思いました。
また、著作権とか著作者の人格権とか、色々な権利があって、そのどれにも抵触してはいけないことがあり、発言や発想は自由ではあるのですが、それでも色々とクリアにしなければいけない壁があり、大人の事情があるので、なんでも好き勝手に思いついたことを発信して良いわけではないんだなぁと言うことがわかったのでした。
売れることを追い求めれば大人の正解の色々なしがらみを越えなければいけないと言う大変さを目の当たりにして、平凡であると言うことは本当に幸せなことだなぁとつくづく思ったのでした。パルクレール 楽天